FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近見かける「合氣道教室」の看板

仕事がようやく一段落し、

さて合気道の稽古を再開しようかと思っていたその矢先、

なんと、

風邪を引いてしまいました。

ガク・・・



カミさんが2、3日前からゲホゲホやっていたんですよ。

そうしたら、

今朝私ののどがヘンだな〜、と思っていたら。

セキが出始めました。



今日は仕事が休みだったのでかかりつけの医院を受診しました。

早めのパブロンじゃありませんが、

早めの受診です。

看護師さんに「ご家族の方は大丈夫なんですか?」と聞かれたので、

実はカミさんが・・・これこれこうで・・・私もらっちゃったみたいです。

と話したら、

「あら〜、やさしい旦那さんですね〜」

なんてからかわれてしまいました。(笑)



・・・・・。

まぁ、そんな話はどうでもいいですが、

最近、水沢の町中を歩くと

電柱に「合氣道教室」という看板がいたるところに貼られるようになりました。



一関市や盛岡市、北上市では以前から見られましたが、

つい最近ここ奥州市水沢区にも出現しました。



この看板の主は、

合気道の某他流派のものなのですが、

活動は駅前の某ショッピングセンター内でやっているようです。

あそこはコンクリート床のはずですが、

どうやってやっているのでしょうね。

受身を取ったら痛いだろうな〜。



合気道の技は、

土や石ころだらけの戦場で使える技や受身がベースとなっていますので、

できないわけではありませんが、

きついな〜。

と冗談じゃなく思います。



マットかなんか敷いてやっているのでしょうか。



ずっと以前、

奥州市前沢区のふれあいセンターという市民会館のようなところで、

板の間のステージ上で全員で演武をしたことがありますが、

板の間でさえ予想外に固く、

翌日膝や肩や背中があざだらけになってしまったことを思い出します。



そんな看板など出すなんてけしからん!

そんな看板なんて出すのはやめてほしい。

と言う声があちらこちらからちらほらと聞こえて来るのですが、

そんなこと言ってもたぶんなくならないでしょうね。

それこそそんなこと叫んでいたら、

平和の武道であるはずの合気道が原因で、

争いを起こす結果となりかねません。



だったら、それを逆手に取ればいいのでは?



他流派とはいえ、

せっかくお金を払って「合気道」を宣伝していただいているのですから。

ありがたいことです。



こんな例があります。



何も知らない入門者が、

うちの道場(一関教室)が看板の主であると勘違いして、

うちの道場に入門したという例があります。



それも一人や二人じゃないんです。



それと、

最初、その看板の主の道場に入門していた人が、

やっているうちに、

「なんか違うな」と思うようになって、

その道場をやめてうちの一関教室に入門した。

という例もあります。



肝心なのは、

合気道のニーズがあるところに、

そのニーズを満たす道場があるかないかだと思います。

そのニーズを満たした道場が他流派の道場であれば、

それこそ我々は反省しなければなりませんし、

努力しなければならないと思います。

それがお互いの切磋琢磨なのではないでしょうか?

これからは、

そういう人たちを引き込める実力がその道場にあるのかが試されるようになると思います。

あの道場はたいしたものだと思われるか、

たいしたことないなと思われるか。

それは我々の日々の精進にかかっているのではないでしょうか。

本当に良いものには(宣伝などしなくても)自然と人が集まってくるものですしね。



ということで、

風邪が治ったら、稽古再開します。



スポンサーサイト

岩手県合気道連盟40周年演武会 招待演武

10月13日(月:体育の日)、
盛岡市にあります岩手県営武道館において、
岩手県合気道連盟40周年記念の演武会がありました。
当道場は県連には属しておりませんが(現在申請中です)、
ご招待を受け演武をして参りました。

折しもこの日は、多田塾の合宿と重なったため、
菅原師範をはじめ合宿参加者は演武会に来られませんでした。

「のびのびと、楽しんで…」
という菅原先生のお言葉を胸に、
楽しんで参りました。

「相手を待つな!自分から動け!」
「腰が高い!もっと腰を落とせ!腰を落とした状態で動け!」
「目付の位置!」
「手の角度!」
「腕を丸く使え!」
「こせこせ動くな!もっと大きく!何をやっているかわかるように動け!」

とは、
いつも厳しく先生から直されることでありますが、
(他にもいっぱい直されます)
こうした基本が一番大事だということが、
今回演武会に参加して、見て、痛感いたしました。

とても勉強になりました。
これからの稽古に生かしたいと思います。

この度の機会をいただきました日高先生をはじめ、
県連の皆様に感謝いたします。

ありがとうございました。



岩手県合気道連盟40周年

岩手県営武道館前で、演武が終わって。

寒稽古

1月27日〜2月8日の二週間にわたり、多田塾奥州では寒稽古が行われました。


岩手の冬はかなり寒いですから(※今冬の最低気温は氷点下12度でした)、冬期間は常に寒稽古と言っても過言ではありませんが、
この期間、皆勤という目標を定め、目標をやり遂げたという成功体験を積み上げてゆくことはとても有意義なことだと思います。


といいますのも、お恥ずかしながら不肖管理人とその家族は、道場入門8年目?9年目?(定かではありません・・・汗)にして初めて寒稽古完遂しました!


なにやら、心が晴れ晴れとしてなかなかいいもんです。


でも、下の写真にははまっておりませんが・・・。(泣)


仕事のシフト表を見たら・・・

今年の寒稽古・・・いけるじゃありませんか!

さすがに前沢教室だけでは完遂は無理でしたので、一関にも通いました。

風邪を引かぬよう、事故を起こさぬよう、余計な仕事が入らないよう(笑)

何が何でも、寒稽古皆勤しようと心に定め通いました。


寒稽古が終わったとたん風邪を引きましたが・・・。(笑)


以下、皆勤者の写真を掲載します。


<一関教室>
IMG_0491_201402111456266d5.jpg


<前沢教室>
tmp_KIMG0722-1034473247.jpg

合気道創始者の弟子 受け継ぐ技と精神


2012年6月13日(水曜日)付
胆江日々新聞

多田師範(現役唯一の九段保持者)が指南
〜前沢で特別講習〜


 国際合気道連盟委員で現役唯一の九段保持者・多田宏師範(82)=東京都在住=がこのほど、前沢区の前沢いきいきスポーツセンターで特別講習会を開いた。東北各地のほか、東京や京都などから愛好者140人が参加。多田師範から技術だけでなく、綿々と受け継がれる精神も学んだ。
 多田師範が主宰する合気道多田塾の奥州道場(菅原美喜子道場長)が主催した。多田師範は合気道創始者・植芝盛平氏(1883~1969)に直接教えを受けた弟子の一人。旧防衛庁や慶応大学などで師範を務め、イタリアを中心にヨーロッパ各地で合気道を広めた。その功績が認められ、94年に日本武道協議会の武道功労賞に輝いた。
 多田師範は参加者を前に「勝ち負けにとらわれないことが大切」「自分の中に敵をつくらない」など合気道の精神を説明。押さえ技の指導では、80代とは思えない素早い動きで相手を組み伏せた。「相手の腕をねじろうと思ってはいけない。むしろ相手と同化するような感覚を持ちながら技をかける方がいい」と動きを交えながら説いた。
 合気道歴14年の高校教諭千葉晶史さん(32)=宮城県登米市=は「呼吸の仕方、体の使い方をわかりやすく教えてもらえた。先生は本当にかくしゃくとしていてすごい。先生の技が見られただけでも良い刺激になった」と汗をぬぐう。
 菅原道場長(53)は「直接指導を受ける数少ない機会。植芝先生の教えを受け継ぐ師範の雰囲気やエネルギーを感じてもらえるだけでも、参加した価値はあるだろう。必ず合気道をしていく上で役に立つはず」と力を込めていた。

被災地へ

26.jpg


5月26日(木)から28日(土)にかけて

私千葉は

職場の被災地支援派遣ということで

2泊3日で沿岸の大船渡市へ行ってまいりました


 ※おかげで28日の演武会には出られませんでしたが・・・



今回の震災ではご存じの通り

岩手県から千葉県にかけてどこも被害はひどいですが

大船渡の被害もかなりひどく

未だに被災地区の復旧のめどは立っておりません



全国から今でもたくさんのボランティアさんが集まってきて

側溝の泥だし

床下の泥上げ

壁の清掃

避難所での配膳などが行われてます



泥・・・といってもヘドロです

ものすごい臭気が鼻をつきます



そんな中

たくさんのボランティアさんが毎日集まります

本当に頭が下がります



午後4時

仕事が終わって

私がいたボランティアセンターの周辺を歩いてみました

ボランティアセンターは海から約2kmほど離れたところで少し高台にありますが

道路を少し下るともうそこは被災エリアです



大船渡の町は

高台のエリア低いエリアと入り組んでいて

高いところのエリアを見ると

本当にここは被災地なの?

と思ってしまうくらいなんでもなかったりしますが

海岸線や土地の低いエリアへと行くと

本当にひどいようです



それから被災エリアの道路を歩いていると

臭いがひどい

今でもこんな感じです

魚の腐ったような下水のような・・・何とも言えない臭いです



写真は海岸より2kmはなれたところの被災の状況です


1_20110701081957.jpg

6.jpg

14.jpg

19.jpg

20.jpg

23.jpg

24.jpg

27.jpg


大船渡から今回被害の最もひどかった陸前高田へは

車で20分ほどで行けますが

陸前高田は大船渡と違って

町がひとかたまりとなって海岸沿いの平地に作られてました

そのため

陸前高田は町ごと根こそぎ破壊されてしまいました


あの懐かしい風景はもう見られません

とても残念です



今回

大船渡だけで胸がいっぱいになってしまって

陸前高田までは足が向かずに終わってしまいましたが



1日も早い復興と

全国の避難している方々が早く日常を取り戻すことができますことを

心よりお祈りいたします


プロフィール

奥州道場WEB管理人

Author:奥州道場WEB管理人
合気道奥州道場は、代表菅原美喜子が平成17年より岩手県奥州市を中心に活動しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。