FC2ブログ

平成22年 奥州道場鏡開き 及び 特別合同稽古



 多田塾奥州前沢教室、江刺教室、一関教室の三教室が合同で特別稽古、および鏡開きを行いました。
 この日参加したのは、一般部少年部合わせて42名。その他お手伝いいただきました少年部のお父さん、お母さんなどを合わせますと、70人近くの大盛況となりました。
 この日の室温は約6℃。床から足の裏を通じてミシミシと冷気が身体に伝わります。
 特別稽古では、普段あまり顔を合わせることの少ない三教室の一般部、少年部のみなさんが合同で準備運動、呼吸法を行った後、竹割りが行われ、稽古となりました。
 準備運動では、少年部で普段行われている体操が行われました。腹筋有り、腕立て有り、スクワット有り、ブリッヂ有り、一般部の往年の少年少女たちには少し骨のある内容です。それでもみなさん何とかがんばりました。お疲れ様です。
 次に呼吸法が行われました。生命力を活性化させる呼吸法の他、中丹田、下丹田の呼吸法を使って生命エネルギーを身体全体にめぐらします。呼吸法がうまくできると、身体の中からほかほかと暖かくなってきます。
 次に行われたのが竹割りです。竹割りといいますのは、多田塾の合宿で毎年行われている稽古法ですが、奥州道場では、毎年この鏡開きに行われます。
※昨年は都合で出来ませんでしたが、今年また再開しました。
 ふたつの湯飲み茶碗に水をなみなみ注いで、その茶碗の縁に一本の竹を渡します。そして、その竹を茶碗の水をこぼすことなく木刀でふたつに割るというものです。
 竹を割ろうと思って木刀を力任せに振り下ろすと、茶碗の水はこぼれ、下手をするとパカーンと茶碗まで割れてしまいます。
 大事なのは、目の前にある竹を意識しないで、ただ刀を振り下ろす気持ち。むずかしい言い方をすれば、対象にとらわれない気持ちが大切だということです。
 そこでお手本です。・・・と言いたいところでしたが、当日用意したビデオカメラが撮影直前になって、思いがけず故障してしまい、撮影できませんでした・・・(T△T)(涙、涙・・・)道場





スポンサーサイト



プロフィール

奥州道場WEB管理人

Author:奥州道場WEB管理人
合気道奥州道場は、代表菅原美喜子が平成17年より岩手県奥州市を中心に活動しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR