FC2ブログ

何もやらない人がとやかく言うべきではない

このたびの熊本地震。

全国各地、全世界から多くの支援が寄せられているようです。

被災者のために祈りを捧げてくれた国々もありました。

東日本大震災の時もそうでしたが、

これから一体どうなるのだろうという大きな不安の中で、

こうしたニュースを見聞きするたびにとても勇気づけられたことを思い出します。



ところがです、

こうした支援活動を快く思わない方々がいらっしゃるようなのですね。

ある有名人の方が熊本に○○の支援をした、というようなことがニュースになると、

どういうわけか炎上するようなのです。



なんで?って思いますよね。



その有名人の支援行為に対してその方々が、

「売名行為」とか「偽善者」だとののしるらしいのです。



そういえば、東日本大震災の時も同じようなことがありましたね。

町での募金活動に対して、募金する人は「偽善者」だと言って、

「自分は偽善者にみられたくないから募金しません」

と宣言してしまう人が結構いて話題になりました。



あなたが募金するのを誰が見てるんだ?

ととっさにツッコミを入れたくなったりしたのを覚えてます。



募金するのは個人の自由だから、

募金したくなければ募金しなければいいだけであって、

わざわざ自分がやらない理由を、口に出して宣言するのはどういう了見かと思いますよね。

しかも「偽善者に見られたくないから・・・」って・・・。

はぁ?です。


きっとその方々には、みんなの支援がどれだけ被災者の人たちを勇気づけたり、元気づけたり、助けになったりしているのか、わからないのでしょう。

残念ながら。



でもこうやって他人のやっている支援活動を売名行為、偽善者などとののしっている人に限って、

自分では何もやらないんですよね。



さぁ問題です!

被災者にとって一体どちらの人が助かるのでしょうか。



東日本大震災の時、こんな言葉も生まれましたね。



「やらない善より、やる偽善」



言い得て妙です。



スポンサーサイト
プロフィール

奥州道場WEB管理人

Author:奥州道場WEB管理人
合気道奥州道場は、代表菅原美喜子が平成17年より岩手県奥州市を中心に活動しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR